ブログぷにまる

ちょっとした絵や趣味のことなど投稿してますので、ぜひご覧ください。

映画 ショーシャンクの空に 感想

 

こんにちは、ぷにまると申します。

今回は映画「ショーシャンクの空に」を観た感想をお話ししたいと思います。

あらすじ

主人公の男性アンディは若くして大銀行の副頭取を務めるエリートで、妻を愛しています。

ある夜、その妻が浮気相手といる家を近くに止めた車の中で見つめています。

その晩、妻と浮気相手は射殺され、その罪で終身刑を言い渡されます。

刑務所で彼は人を避けるようにしますが、調達屋のレッドと親しくなります。

アンディはシスターと呼ばれる目を付けた人間を無理やり犯す「人間のクズ」に目をつけられ、過酷な監獄生活を強いられますが、

彼が持つ知恵と機転で少しずつ監獄の環境を変え、それは多くの人に影響を与えます。

アンディが刑務所に入ってから19年が経過した時、トミーという人物が窃盗の罪を犯して、入所してきます。

彼は昔から窃盗を繰り返し、色々な刑務所を転々としています。

そんな彼の証言がアンディの人生を大きく変えることになります…

という感じだと思います。

 

モーガン・フリーマンの魅力

この物語にぐっと深みを持たせるのが調達屋「レッド」の存在です。

レッドを演じるのがモーガン・フリーマンという俳優さんです。

数々の名作に出演する彼ですが、この作品にも彼の魅力はたっぷり詰まっていると思います。

彼はストーリーの語り手でもあります。

モーガン・フリーマンさんの落ち着いた声のトーン、話し方以外にこの映画の語りはあり得ません。

この作品で最初に彼に魅了されたのは、人を避けていたアンディが初めてまともにレッドに話しかけるシーンです。

その時見せる彼の笑顔がとても優しくて、皆さんにもぜひ注目して頂きたいです。

 

最高のストーリーと完ぺきな構成

本作品はスティーブン・キングさんの「刑務所のリタ・ヘイワース」という小説を原作とする作品ですが、実話を元にした作品なのかと勘違いしてしまうようなリアリティがあります。

登場する囚人のセリフや人生から、刑務所の中の生活が「シャバ」と言われる世界とどう違うかが実感として感じられるように思います。

刑務所の中は今までいた世界とは違いすぎます。映画の冒頭ではアンディを含めた刑務所に入所したての「新人」について描かれます。

刑務所の中のことを何も知らず、戸惑い、怯え、絶望する新人に対して、映画を見る私たちは感情を移入しやすいのだと思います。

また、50年もの間、服役している「ブルックス」という人物の人生を通して、刑務所という閉鎖された場所と終身刑の恐ろしさを知ります。

ストーリーの展開も面白くて目が離せないのですが、そこにはフランク・ダラボン監督の手腕によるところも大きいのだと思います。

この映画の中では20年以上の時の流れが描かれます。

2時間22分という時間の中で描くには膨大な量の内容が詰まっています。

これは私の主観ですが、この映画を見ていて展開の早さを感じたり、時の流れに違和感を感じることはありませんでした。

無駄だと思えるシーンも無くて、この脚本は完ぺきと言えるのではないのでしょうか。

 

f:id:punimaru624:20210224213326p:plain

Hey Jack, where's Brooks?

まとめ

殺人、終身刑、刑務所といったものに対するイメージというと暗くて怖いというなものが多いのではないかと思います。

この作品を観終わって、そういったイメージとは対照的な感動を覚えました。

まだご覧になっていない方にも是非その感動を味わっていただきたいです。

私はヘイウッドというキャラクターも大好きなのでぜひ彼にも注目してみてください。

 

バードウォッチング始めました!~コゲラ編~

 

こんにちは、ぷにまると申します。

今回は、コゲラについてお話ししたいと思います。

コゲラとの出会い

私がお付き合いしている鯨とう人物が、眼科に行って花粉症デビューをした日の帰り道に見つけました。

鯨は以前書いた記事にも登場しているので良かったら読んでみてください。↓

 バレンタインは戦い - ブログぷにまる (hatenablog.jp)

バードウォッチング始めました!~コガモ編~ - ブログぷにまる (hatenablog.jp)

普通に病院の前の桜の木にいたそうです。

私はキツツキと呼ばれる鳥がこんなに身近にいるのを知りませんでした。

その時に鯨が撮った写真をお見せしたいと思います。↓

f:id:punimaru624:20210222225557j:plain

コゲラ

かなり画質が悪いですが、お分かりいただけるでしょうか。

木をつつく音も聞いて頂きたかったのですが、動画がうまく載せられませんでした。

小さくてかわいいです。

おそらくコゲラ

大きさと模様からコゲラであると推測されます。

コゲラは「ヤマケイポケットガイド⑦野鳥」によると、スズメくらいの大きさの小さなキツツキで、黒と白のまだら模様だそうです。

雄は後頭部の左右に小さな赤斑があるそうですが、野外では見分けにくいとのことで、今回は分かりませんでした。

幹の下から上へと移動しながら昆虫類を探すそうです。

キツツキが木などをつつく行動をドラミングというそうです。

勉強になります。

 

f:id:punimaru624:20210222235851j:plain

コゲラと鯨

まとめ

キツツキは以前北海道でアカゲラを見たことがありましたが、見るたびに小さな感動を覚えます。

コゲラはとても可愛くて、全国で一年中見られるそうなので皆さんもぜひ探してみてください。

 

バードウォッチング始めました!~コガモ編~

 

こんにちは、ぷにまると申します。

今回は、最近始めたバードウォッチングのお話をしたいと思います。

バードウォッチングといっても散歩のついでのような簡単なものです。

最近注目しているのは水鳥で、今回はコガモについてお話していきます。

 

カモとの出会い

私が家で家事などをしていると、つい先刻外出したばかりの鯨から電話がかかってきました。

鯨は人間ですが、以前書いた記事でも登場したあの人です。↓

 バレンタインは戦い - ブログぷにまる (hatenablog.jp)

彼がいうことには「カモが道路わきでカラスに襲われている」とのことでした。

私は残酷ですが、放っておくことを奨めました。

彼らの事情に人間が手を出すのは良くないと思ったからです。

彼は不満げでしたが、その場を離れたそうです。

1時間ほどして用事を済ませた彼が再びその現場を通ると、街路樹の中に入り込んで動けなくなっていました。

また電話がかかってきて「首から血を流している。カラスはあきらめたのかいなくなっている」ということでした。

詳しく聞くと、川からは700mほど離れた道路だそうで、自力で戻れるのか、戻ろうとしても事故に遭うかもしれないということでした。

鳥の大きさを聞き、以下のものを用意しました。

・ゴム手袋たくさん

・マスク

・鳥が羽をたたんだ状態で入るような段ボール

・未開封のポケットティッシュ2つ

・包帯(血が止まらないときの止血用)

・消毒薬

など、思いつく限り必要そうなものを持って、帰ってきた彼と現場に向かいました。

かなり通行量の多い道路でしたがタイミングを見計らって、カモ、人ともに安全に保護を遂行することができました。

段ボールに入ったカモを川沿いの草むらで開けて、私が保定して彼が消毒を行いました。

最初はバタバタしましたが、優しく羽を包むように持つだけで大人しくしていてくれました。

幸い出血は止まっており、すぐに川に放すと元気に泳いでいきました。

家に帰ってゴム手袋、ティッシュ、段ボールなどはすぐに密閉して処分し、手洗いうがい、着ていた衣類は洗濯して、シャワーを浴びました。

元気になって生きてくれることを願うばかりです。

後で調べると保護の方法など、あながち間違っていなかったようで安心しましたが、

先に調べるべきでした。↓

ケガをした鳥をみつけた | 野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN | 日本野鳥の会

 

多分コガモでした

家に帰って図鑑で調べると、大きさや色などの特徴から「コガモ」じゃないかという結論に至りました。

コガモは「ヤマケイポケットガイド⑦野鳥」によると、全長38㎝の日本で見られる最小の淡水ガモだそうです。

冬鳥として渡来し、凍結しない地方で越冬するそうで、もしかしたら少し暖かくなってきたのでどこかに渡る途中でカラスと出会ってしまったのかもしれません。

水辺を歩きながらイネ科などの種子を食べるそうです。

体の色から雌であると思われます。

今度は雄を意識して探して見てみたいと思います。

f:id:punimaru624:20210221115650p:plain

コガモ

まとめ

野鳥を保護することについては色々な意見があります。街路樹の中でうずくまるコガモを放っておくべきだったのかもしれません。私の考え方としては相手がカラスの場合は自然のことなので成り行きに任せるしかない、手を出すべきではないと思っています。

交通事故や窓ガラスにぶつかるなど人間の作り出したものが野鳥に危険を及ぼす場合、保護の責任があるのではないかと考えます。

一つの考え方として読んでいただけると幸いです。

ロバート・F・ヤング作「たんぽぽ娘」を読んで

 

こんにちは、ぷにまると申します。

今回はロバート・F・ヤング作のファンタジー小説たんぽぽ娘」についてお話ししたいと思います。

あらすじ

まず、あらすじをご紹介します。

妻と大学生の息子1人を持つ40代の男が、事情があって一人で過ごすこととなった休暇で来ていた田舎の丘の上で、若い女に出会います。

彼女は自分のことを未来から来たと言い、彼は信じるでも信じないでもなくそれに合わせて2人は、毎日丘の上で色々な話をします。

彼はこれまで妻以外の女性に心が動いたことがありませんでしたが、その女に心を強く動かせれ、戸惑います。

彼女はある出来事をきっかけに丘の上に来なくなります。

妻も彼の心の動きを悟ったかのように不安な表情を募らせます。

そんなある日、彼は偶然屋根裏であるものを見つけて…

という感じです。

 

私とこの作品の出会い

私がこの本に出会ったのは2017年6月10日です。

皆さん良かったら、この日私に起こったことを聞いてください。

私はこの日の夜、近日に控えたテストに備えて図書館で勉強をしていましたが、

すっかり勉強に飽きてしまって、気分転換に図書館内をぶらぶら歩いていました。

6月10日は「時の記念日」だそうで、「時」に関する本の特集のコーナーが目に入り、

その中の1冊「たんぽぽ娘」を手に取りました。

ページをめくると短編集であることが分かったので、本のタイトルと同じ「たんぽぽ娘」の短編だけ読んでみることにしました。

突然ですが、私には当時、前々から気になっている男性がいました。

たんぽぽ娘」はラブストーリーなんですが、私のその人への気持ちと「たんぽぽ娘」と登場する「男」の描写がとんでもない相乗効果を生んだ結果、

私の恋心が爆発しました。

その日の勉強はもう手に付かず、目が冴えてしまって疲れているのになかなか寝られませんでした。

私の恋の行く末はまたの機会にお話ししたいと思います。

 

f:id:punimaru624:20210218005309p:plain

恋の大爆発

美しく繊細な情景、感情の描写

ロバート・F・ヤングさんの描写はとても繊細で、情景描写などはその美しい情景が目に浮かぶようです。

感情の描写も細やかで、それでいて分かりやすいです。

これは訳者である伊藤典夫さんの技量もあるのだと思いますが、深く感情移入して心を打たれます。

一部の文章を引用します。

「いたたまれないほどの既視感をおぼえ、手がつと伸びて、風の中にある彼女の頬に触れそうになった。マークは苦労してその衝動をおさえた。手が腰から離れてもいないのに、指先がひりひりと痛んだ」

恋の感情が爆発してしまうのもお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

まとめ

たんぽぽ娘」には他にも美しいお話が収録されています。

他の短編についてもいつかお話ししたいと思っています。

一度読んでもまた読みたくなって、その美しさに毎度心動かされます。

ぜひ手に取っていただきたいですが、今、恋をされている方は要注意です。

 

バレンタインは戦い

今週のお題「チョコレート」

 

こんにちは、ぷにまると申します。

今週のお題はチョコレートということで、ここ数年のバレンタインの思い出「私と彼の戦い」についてお話ししたいと思います。

 戦いの始まり

3年ほど前からお付き合いしている男性がいるのですが、毎年バレンタインにその彼に手作りのお菓子をプレゼントします。

不器用ながらに毎年頑張っています。

1年目のバレンタインには酒まんじゅうを作りました。彼の大好物だという情報を入手していたからです。

写真を撮って、美味しいと言って喜んでくれたので、作った甲斐があったなと思いました。↓ 一つしか写っていませんが5,6個作りました。

f:id:punimaru624:20210216000840j:plain

1年目のバレンタイン

2年目のバレンタインは大学のテスト期間と被っていたので、少し遅れて渡すことになりました。

炊飯器でできるガトーショコラを作り、ホイップクリームで飾りました。↓

f:id:punimaru624:20210216001015j:plain

2年目のバレンタイン

遅れてごめんねと言って彼に渡すと、「全然いいよ!去年はもらえなかったからなあ」

!!! 酒まんじゅうを作りました !!!

それを伝えると、しばらく考えてやっと思い出したようでした。

彼は普段は記憶力がいい方だと思うのですが、酒まんじゅう、そんなに記憶に残らないものでしょうか。

そして私のバレンタインにお菓子を作る目的は「彼の記憶に残るお菓子を作ること」になりました。

決戦の時

記憶に残るものはインパクトがあるものだと考え、3年目のバレンタインに私が作ったチョコレートがこちらです。↓

f:id:punimaru624:20210216000026j:plain

3年目のバレンタイン

この体に悪そうな色。何の形を再現しようとしたか分かっていただけるでしょうか。

くちびるなんですが…生チョコをくちびるの形に整えて、溶かしたホワイトチョコに食紅で色付けしたものでコーティングして作りました。

さすがに記憶に残るだろうと迎えた4年目のバレンタインデー。

1年目は?「酒まんじゅう。」

2年目は?「ガトーショコラ。」

3年目は?「・・・・。」

!!! 覚えてないの !!!

5分くらい考えて思い出してくれました。

写真はすべてとって置いてくれたのでこうして皆さんにお見せできているのですが、ちょっと寂しいです。

今年もすでに遅れてしまっていますが、考えに考えて記憶に残るお菓子を作りたいと思います。

来年覚えてくれているのでしょうか。私たちの戦いは続きます。

f:id:punimaru624:20210216163849p:plain

ぷにまるの叫び

 

バンド Savege Garden「Crash and Burn」を聴いて

 

こんにちは、ぷにまると申します。

今回は私の好きなバンド「Savage Garden] の「Crash and Burn」という曲についてお話ししたいと思います。

音楽や英語には明るくないので、解釈などに間違いがあるかもしれません。

予めご了承ください。

 You're not alone

まずは歌詞をご紹介します。

When you feel all alone

And the world has turned its back on you

Give me a moment please to tame your wild,wild heart

I know you feel like the wall are closing in on you

It'shard to find relief and peoplecan be so cold

When darkness is upon your door

And,you feel like you can't take anymore

 

*ココカラサビ*

Let me be the one you call

If you jamp, I'll break your fall

Lift you up and fly away with you into the night

If you need to fall apart

Then I can mend a broken heart

If you need to crash,then crash and burn, you're not alone

*サビオワリ*

 

When you feel all alone

And, a loyal friend is hard to find

You call it a one way street with the monsters in your head

When hopes and dreams are far away

And you feel like you can't face the day

 

**サビ**

 

Cause,there has always been heartache and pain

And when it's over you'll breathe again

You'll breathe again

 

When you feel all alone

And the world has turned its back on you

Give me a moment please to tame your wild,wild heart

 

**サビクリカエシ**

 

という感じです。 サビの最後の You're not alone の他、

孤独に苦しむ人へのメッセージが多く込められた歌詞になっています。

私はサビ部分の歌詞の情景を想像すると、夢のような気持ちになります。

 

君が絶望して、僕に一本の電話をくれたら、僕は君がどこか高いところから飛び降りたのを助けて、夜の空を一緒に飛んでいく

君の心がバラバラになってしまったら僕が直して、壊して燃やしてしまいたいならそうしてあげる

君は一人じゃないんだ

 

という感じで和訳して想像をするのですが、全然違ったらすいません。「僕」はまるでヒーローです。

 

f:id:punimaru624:20210214192957p:plain

私のヒーロー

二人の天才

Savage Garden は、抜群の歌唱力と表現力を持つヴォーカル担当のダレン・ヘイズさんとキーボード・ギター・プログラミングなど担当し、オールマイティな音楽センスを持つダニエル・ジョーンズさんの2人からなるデュオです。

私は最初にもお断りした通り音楽には詳しくないですが、この二人は才能に溢れていて作品も素晴らしいものばかりだと思います。

「Crash and Burn」も例外ではありません。

心がすさんでしまったときにかけると、

イントロで現実とは隔離された美しい世界観に飲み込まれます。

そこでダレン・ヘイズさんが優しく歌い始めます。

逆立っていた毛並みを撫でられてふわふわに整えられるような気持ちになります。

サビ部分ではドラム?も入ってきて曲調は盛り上がりますが、歌声はやっぱり優しくてのびやかで、その対比で気持ちよく心が解放されて本当に夜空を飛べるように感じます。

ごめんなさい、この辺は本当に私の勝手な感想です。

でもこの2人にしか生み出せない音楽なのは確かだと思います。 

 

ミュージックビデオの中のメッセージ

Savage Garden のMVは個性的なものが多いと思います。

「Crash and Burn」のMVがこちらです。

youtu.be

ご覧になった方は分かったと思いますが、MVの中に歌詞にはないメッセージが出てきます。そのメッセージと映像がリンクしているように見えます。

読み取れたメッセージを書いていきます。

読み取れなかったところ(×××)もありますが、ご容赦ください。

MVでは "is" の "s" が"5"で表されていたり、小文字が大文字に、"a"が”@”になっていたりします。なるべく忠実に書き出したいと思います。

 

Television i5 a one Way conversation

Vanity i5 a Call for attenTion

in Cybersp@ce ConTact i5 anoNymous

We ScreaM to avoid suffering in SilencE

Stay CoNnecteD

RelationShips are a series of complex Games

A××××× meet ×× the Middle

We find Strength in Numbers

Synchoniz9d fla5hing is Dash1ng

CommuNicate Any way Any How

 

哲学的な部分もあるように感じますが、最後の「CommuNicate Any way Any How」につながっているような気がします。

読み取れなかったところ、間違っているところを見つけた方はぜひ教えてください。

皆さんの解釈も教えて頂きたいです。

バンドメンバーの2人とガラスを隔てて一人の女性が全体を通して描かれています。

彼女には色々な人の苦しみが感じられるのか、最初はとても苦しそうな表情ですが、曲が進むにつれて表情は明るくなっていきます。

最後は手話のようなものでダレン・ヘイズさんと言葉を交わしていますが、この時の彼女の表情はとても美しいと思います。

ダレン・ヘイズさんの真剣な表情からメッセージに込められた思いが伝わってくるようです。

また、人を元気づけたりする色としては暖色のイメージがありますが、このMVは全体を通して寒色のイメージで、孤独な心に深く共感して寄り添うように癒してくれます。

 

まとめ

Savage Garden は残念ながら解散してしまいましたが、彼らの曲は長く残っていくと思います。

今回ご紹介した曲の他にも素晴らしい楽曲が沢山あります。

ライブ映像も素敵です。「Crash and Burn」とは違う曲ですがよかったらご視聴ください。↓

youtu.be

 

映画 アメリの感想

 

こんにちは、ぷにまると申します。

今回は、「フランス映画はお好きですか?」という過去の記事でも触れた

アメリ」という映画についてお話ししたいと思います。

 

 

あらすじ

子供時代を孤独に過ごし、人と関係を結ぶことに臆病なアメリが、

偶然見つけた少年の古い宝箱を持ち主に返そうと決意したことが転機となり、

周りの人を幸せにすることに密かに奮闘するようになります。

一方で、自分の幸せを掴むことになかなか踏み出せないアメリですが…

という感じです。そうじゃなかったらすいません。

  

ユーモアあふれる場面の数々

すべての場面にユーモアが溢れていて、片時も目が離せない作品でした。

中でも私のお気に入りは冒頭部分、アメリの幼少期を描いた場面で、

アメリに嘘を吹き込んだ隣人に復讐をするシーンがあるのですが、

そこがとても可愛らしくて大好きです。

アメリというキャラクターに一気に愛着が湧くシーンになっていると思います。

復讐の方法は、ぜひ実際に「アメリ」を見て、確かめてください。

f:id:punimaru624:20210212190451j:plain

映画アメリのワンシーン

 

魅力的な登場人物

私の好きな登場人物は「ガラス男」です。

もちろん、Audrey Tautou さん演じる主人公「アメリ」も大好きです。

彼女の魅力は筆舌に尽くしがたいと思います。表情をとても繊細に表現する人だと思いました。

「ガラス男」はこの物語のキーマンです。

先天性の病気で骨がガラスのように脆く、20年も外出せずにルノワールの絵を描き続けける老人です。

ルノワールの「舟遊びの昼食」の中の「水を飲む娘」の話を通して、アメリの背中を押します。

私は、彼がアメリに言う「お前の骨はガラスじゃない 人生にぶつかっても大丈夫だ」というセリフに勇気をもらいます。

沢山の魅力的な登場人物もこの映画の魅力の一つです。

 

まとめ

とても素敵な作品だと思います。一人で見てもいいし、恋人と見てもいいと思います。

ちょっと気まずくなるかもしれないので家族で見るのはあまりお勧めしません。

私は最初、母と見ていて少し気まずかったです。

登場人物の服装や町の風景、アパートの部屋やお店の装飾などがレトロな雰囲気でとてもお洒落です。

特典付きのDVDでは監督や俳優さんのインタビューなどもあるので、そちらも見ていただくと色々な発見があったりします。

これからアメリを見るという方の参考に少しでもなればと思います。

もう見たという方はぜひ感想をお聞かせください。